保守管理

設備の長寿命を守る条件

24時間稼働する冷凍・冷蔵用ショーケースには、機械の特性や稼働環境に合わせた定期的なメンテナンスが必要です。
トーネツは、ライフサイクルプランもご提案しています。

定期点検のご案内24時間365日のサポート体制

安心の24時間メンテナンス&定期点検
冷凍・冷蔵設備を長期間、安定稼働させるためには、ライフサイクルを考えた、保守・点検プランを作成すること、トラブル履歴情報を蓄積することが大切です。冷凍・冷蔵設備導入から1年後の点検で、ライフプランを見直し、必要なところのみに費用を投下できるようにご提案いたします。また、緊急トラブルに対応する24時間メンテナンスサービスも展開しています。冷凍・冷蔵環境の最適化と設備の長寿命を実現します。

冷媒フロン漏洩点検

※点検が義務化されました、ご提案致します。

冷凍設備 7.5Kw以上 1年/1回
空調設備 7.5Kw以上 3年/1回

定期点検の流れ

  1. 設備導入
    設備導入
    導入環境の詳細をデータにします。
  2. ライフサイクルプランご提案
    ライフサイクルプランご提案
    基本的なライフサイクルプランをご提案いたします。
  3. 設備環境診断
    設備環境診断
    稼働から3,4ヶ月後、設備環境の診断を行います。
  4. 1年点検
    1年点検
    長期間、安定稼働させるために、1年後の機械のコンディションを点検し、必要に応じてライフサイクルプランの修正をご提案いたします。
  5. 定期点検による「洗浄」「部品点検・交換」
    定期点検による「洗浄」「部品点検・交換」
    洗浄や部品交換など定期点検で、必要なとことのみを適切に対応していきます。
  6. 設備寿命期の対応
    設備寿命期の対応
    電気代などランニングコストが増え、機能的にも低下してきた設備の寿命期には、今後の対応をご相談、ご提案いたします。
サービス専用TEL
043-256-1153
24時間対応